>> 産地レポート一覧


平成24年 7月25日〜28日

今年も、早いもので8月を迎えましたね。
そんな中例年通り7月25日〜28日まで北海道に視察に出かけました。
今回は、毎年お伺いしている、深川市一己、黒松内町アルプスファームの他に、
新十津川町、浦臼町、中標津町と新な産地にも伺って来ました。





JA北空知深川市一已
生産者指定農場 
7/25視察




一已は大体この辺りです。旭川の近くです。



今年は、旭川空港から産地に向かいました。



天候は少し曇り気味でした。でも、雨は少ないようです。




播種した後に、適度の雨、その後天候にも恵まれ
例年より枝は太く花付きは良いです。




生産者の大塚さん、78歳という高齢にも関わらず、お元気です。
見習わなければいけませんね。



JAピンネ 新十津川町 浦臼町

今年、初めてお伺いした産地です。
JAピンネ変わった名称ですよね。

JA新十津川町、JAしもとっぷ、JAうらうすの3JAが
平成10年2月に合併して誕生しました。

『ピンネ』の名前の由来は、この地区を一望する雄峰『ピンネシリ』です。

この地区では、『牡丹そば』という希少品種の安定供給また、品種維持を目的とし
北海道立農業試験場遺伝資源の原原種を基に
昨年まで北海道が定める基準に準じ、適正な種子の生産を行っています。

本年からは、同内容の取組を当農協、生産者による生産部会の確認にもと
適正な種子の生産を行っております。
来歴の明らかな『牡丹そば』の栽培に生産部会を中心に取組んでいる農協です。






『牡丹そば』原種種子更新用の圃場です。
周りにネットをし他種との交配を防いでいました




JAピンネの山形さん(左から)塚原さん、ホクレンの山本さん。
若い方が率先して取り組んでいるようです。今後に期待できると思います。




水田からの転作ではなく畑作の圃場が多いようです。
茎も太く枝の数も多い様に見えました。



黒松内町 アルプスファーム落合農場
7/26,27視察




今年も行って来ました。
今回は、札幌からレンタカーで、一般道にて黒松内町へと向かいました。
途中、蝦夷富士羊蹄山の麓、ニセコを抜け約3時間のドライブです。
今回も晴天に恵まれ花盛りです。



今年は雨が少ないせいか
虫の数が多いようです
ミツバチや蝶が受粉のお手伝いを
してくれています



少し雨が少ないようですが、生育は順調でした。
『お盆明けに収穫に入るよ』と、落合社長が話していました。
待ち遠しいです。


▲ページTOPへ       

産地レポートTOPへ


▲石森製粉HOME