現在、北海道は記録的な雨不足による干ばつで、
農作物への被害が多大なものとなっているようです。



蕎麦も例外でなく、
生育状況の悪い農家では、蕎麦畑をたたんでしまう農家も出始めてきました。


また例年にない高温が続き、
受粉の役割を果たす益虫の発生が大変少ない状況になっております。


以上のことから、
今年の収穫量は豊作だった昨年を大幅に下回ることが予想されています。





▲石森製粉HOME