北海道の産地状況です。
北海道は全般的に発育状況が良いようです。

早い播種の地域に関しては、若干の湿害を受けている様子もありますが、問題ないでしょう。
これはその後の天候に恵まれたためでしょう。
例年よりどこの産地も丈が高く、今後は台風等の暴風雨によって倒伏することが心配なところです。
早いところでは、お盆明けから出荷が始まります。
いよいよ新そばの季節になってきました。

出荷産地は9月、10月、11月と南下してきます。
今年もこのまま天候にも恵まれ、最高の品質で収穫されることを祈っています。
 ■比布(ぴっぷ)町
 
この地域は比較的新しい産地です。
化学肥料や農薬を使用しない
自然農法を目指し頑張っていました。
まだ転作後間もないので、
ところどころに湿害があるようです。
 ■新十津川町
 
蕎麦打ち名人の渡辺清氏が
栽培している畑です。
傾斜があり、水はけもよく
非常に環境が良いようです。
天候にも恵まれ、
生育は順調のようです。
 ■イチヤン
こちらも生育は順調でしたが、多少生育にムラがあるようです。
現状では問題ないでしょう。 
 ■秩父別町
 
生育は順調。
お盆には収穫が始まり、
お盆明けには出荷が始まるでしょう。
 ■幌加内町
 『白い絨毯』とも呼ばれる日本一広い栽培面積を持つ産地。
生育は順調で、一面に咲くそばの花は、じつにすばらしい景色を作りあげていました。
 ■士別市(安田農場)
 生育は順調でした。
山を開拓した傾斜地が多く、非常に水はけが良くすばらしい生育状況でした。
 ■鷹栖町(安田農場)
  
生育は順調でした。
状況は士別市同様でした。
こちらも日中の温度差があり、
今年の作柄に期待が持てます。
下2枚:韃靼そば畑です)
 ■当麻町(安田農場)
生育はほぼ順調でした。
若干の湿害を受けたようですが
まず問題ないでしょう。
 ■白滝村
生育は順調でした。他地域よりやや丈が低いようですが、例年通りといったところ。
旭川周辺と異なり、やや涼しいためにこのようになったのでしょう。
こちらも作柄が楽しみです。
 ■斜里町・清里町
オホーツク沿岸のこの地域は比較的、播種・収穫共に遅めの地域です。
今年は生育が良く順調な様子。
9月中下旬から収穫に入れるでしょう。こちらも作柄が楽しみです。


斜里の真っ青な空



▲石森製粉HOME